食の安心ネット「阪急QUALITA(クオリタ)」
お問い合わせ 情報利用に際してのご注意とお願い HOME
食の安心へのこだわり 食の情報を公開 食の安全をチェック 外部機関のサポート
食品ギフトカタログで探す
「阪急の味」で探す
阪急セレクションで探す
阪急の生鮮食品で探す
泉南グリーンファームで探す
店頭ではスタッフが毎日、食の安全をチェックしています。
食の安全を守るため、毎日店頭や厨房で厳しいチェックを行っています。特に、百貨店食品安全アドバイザーや食品衛生責任者が担う役割は重要で、豊富な専門知識に裏付けられた視点で売場を見守っています。こうした専門スタッフによる日々の安全チェックをはじめ、各売り場スタッフによる自主的な取り組み、さらにはグループ独自で実践している細かな売場表示まで、多彩な安全管理対策を行っています。
資格を持つ専門スタッフが「食の安全」を厳しくチェックします。
・食品に関する法令から食中毒・品質表示・衛生管理の知識を有した百貨店食品安全アドバイザー(日本百貨店協会認定)が日々、食品の原材料や賞味期間の表示、店内の適正温度などをチェックし、お客様の「食の安全と安心」を守っています。また、お客様からの品質管理などについてのお問い合わせにも的確にお応えしています。
・百貨店食品安全アドバイザーの役割は売場だけにとどまらず、厨房の衛生管理や厨房スタッフの健康管理にも厳しい視線を注ぎ、食の安全を支えています。
・売場スタッフの衛生教育や施設・設備の衛生管理については、食品衛生責任者(食品衛生協会認定)の指導のもと、全スタッフが徹底して取り組んでいます。


売場の各スタッフも「食の安全」のために取り組んでいます。
・お客様が安心してお買いものができるよう、売場の各スタッフも自主的に品質表示の確認に力を注いでいます。特に、賞味期間や消費期限の日付表示には注意をはらい、信頼される売場づくりを心掛けています。
・食品売り場の全スタッフは、定期的に行われる衛生面での研修や勉強会に参加し、そこで学んだ食の安全に対するよりレベルの高い知識をそれぞれの売場で日々活用しています。


「食の安全」にこだわった売場表示をおこなっています。
・売場表示では、お客様がお求めになられる情報にも的確に応えています。特にアレルギー物質を不安に感じられるお客様が多いことから、食品衛生法で定められた義務表示の7品目に加え、推奨表示の20品目も表示。また法律で定められた「包装された加工食品」はもちろん、「無包装の加工食品」についても表示を行っています。
・さらに、健康面でお悩みのお客様にもお応えするため、惣菜売場では100グラム当たりに含まれるカロリーと塩分の表記も実施しています。
Copyright(C) Hankyu Quality Support. All right Reserved.